輩へかけより

2010階層に開催されたワールドカップ南アフリカフェスティバル、この大会の決勝トーナメント初戦、国中対パラグアイのゼロ戦は両人リーサルウェポンを欠いたゼロ戦となりました。
因みにここまでの国中代表ですが、ジーコの後を引き継いだオシムが病魔に倒れ残念の辞任、後続を任された岡田武史ディレクターがこの大会の国中代表を率いてある。
ワールドカップ参列はさくっと決めたものの、ワールドカップ直前の試し反応ではかなり良いところがなく、おまけにコートジボワールと対戦した際には、主軸裏面の闘莉王族が対象の目玉、ドログバを不具合させる有様、津々浦々からの恐ろしい問責にさらされます。
試し反応の自省を踏まえ、本番では誠にそれまで中盤のスポーツマンだった本田圭佑スポーツマンをワントップに据えるという計画を見せて挑みます。
大方の考えを引っ繰り返し初戦のカメルーン戦、本田の目標で先行した国中は後日エトーを中心としたカメルーンの猛撃を貫きワンダフル征服、オランダには善戦むなしく破れたものの終了戦のデンマーク戦では戦前の考えを翻す快勝で決勝トーナメント突入を果たしました。
そうしてパラグアイとの決勝トーナメント初戦、ともリーサルウェポンを欠き娯楽はPK戦に委ねられます、ここで3周囲を任された駒野友一スポーツマンがPKを黒星、駒野スポーツマンはその場で泣き崩れしまう。
コンペティションは5周囲まで必ず決めたパラグアイがベスト8突入を果たしたのですが、終了を任されたパラグアイのキッカー、目標を決めた後に何と泣きじゃくる駒野スポーツマンの輩へかけよりガッツリ抱き締めました。
コンペティションには破れたものの、これはこの大会最高の拍子として今でも語り継がれてある。北海道室蘭市で出会い系アプリを使うならサクラが居ないココがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です