日田川開き旅祭

筑後川水系のソースとなる日田市は水郷って書いて「すい現在」って読みます。
本来であれば「すいごう」というよむのが規則正しいのですが、日田の側の「濁りのない水」という考えから「すい現在」と掴むようにしたそうです。
その筑後川のソース「三隈となり」が過ぎる日田市ですが、三隈川の距離はほんの少しだ。
源流の大山川と玖珠川の合流場所から花月川や高瀬川を合流しつつ、8移動程度の長さで日田市内にありながら人名が筑後川へと変わります。
5月の鮎漁獲解除によって行われる「日田川開き旅祭」は神事の以下、たらい舟コンペティションや水上場面での祭礼、市内の小学校や高校による鼓笛パレードやダンスや動作での出席のどんたく隊等もあります。
夜に行われる体感花火フェスティバルは心から心臓がドン!となるような近さで花火を見ることが出来ます。
小さい頃おばあちゃんのうちが丁度三隈川の始まる近くにあったので、花火を見分けるのに里帰りしたチャンスホタルが飛んでいました。
私は当時北九州に住んでいて、川も汚くホタルなど見るのがやっとで何とも驚きのを覚えています。
今は当時ほどきれいではないようですが、一時期について「川をきれいにしよう」と作用されている面々のお陰さまでしょう。
いくらかきれいになったように感じます。
出会い系宮城気仙沼で人気のサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です