ワールドカップ直前の

2010階級に開催されたワールドカップ南アフリカフェスティバル、この大会の決勝トーナメント初戦、国中対パラグアイの一戦はそれぞれ致命傷を欠いた一戦となりました。
因みにここまでの国中CEOですが、ジーコの後を引き継いだオシムが疾病に倒れ迷いの辞任、後続を任された岡田武史演出がこの大会の国中CEOを率いてある。
ワールドカップ出場は優に決めたものの、ワールドカップ直前の検証マッチでは皆目良いところがなく、おまけにコートジボワールと戦いした際には、真ん中背後の闘莉国王が相手方のスター、ドログバをキズさせるケア、国内からの大きい注記にさらされます。
検証マッチの改心を踏まえ、舞台では誠にそれまで中盤のアスリートだった本田圭佑アスリートをワントップに用立てるというやり方を見せて挑みます。
大方のスタンスを引っ繰り返し初戦のカメルーン戦、本田の場所で先導した国中は後日エトーを中心としたカメルーンの嵐を貫きゴージャス達成、オランダには善戦むなしく破れたもののおしまい戦のデンマーク戦では戦前のスタンスを覆す快勝で決勝トーナメント伸長を果たしました。
そうしてパラグアイとの決勝トーナメント初戦、とも致命傷を欠き競り合いはPK戦に委ねられます、ここで3周囲を任された駒野友一アスリートがPKを挫折、駒野アスリートはその場で泣き崩れしまう。
戦争は5周囲まで断然決めたパラグアイがベスト8伸長を果たしたのですが、結末を任されたパラグアイのキッカー、場所を決めた後に何と泣きじゃくる駒野アスリートのヤツへかけよりあれこれ抱き締めました。
戦争には破れたものの、これはこの大会最高の時として今でも語り継がれてある。徳島市で出会い系アプリを使うならサクラが居ないココがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です