どちらに行こうか

フットサルサークルの達人と共に、ガンバ大阪の対戦を観に行きました。
達人は2月に行われたこけら落としレクレーションも一緒に観をめぐってある。達人はガンバの通年書類を購入しているので、概して毎対戦観をめぐっている。わたしはこけら落としレクレーション以来の見学だったのと、今年の新ユニフォームを通してアリーナで着れることにずいぶん興奮していました。
合戦ターゲットは湘南ベルマーレで、Jリーグの種類からするとかなりの格下だ。ぼくは絶対にガンバが勝つなと確信していました。ただし蓋を開けてみれば、湘南のミドルシュートが強烈で、一際下部はガンバが押され気味でした。
こういう対戦で宇佐美がようやく新アリーナでの初目標を決めましたが、随分勝ちきれず、最終的には3-3の引き分けに終わりました。ガンバが得点した直後に湘南に得点繋がるという、気のゆるみともできる有様が2回も続き、ガンバの味方は対戦あとも大非難でした。
結果には合格できませんでしたが、宇佐美の初ゴールが観れて良かったです。
次は浦和との異議が待っています。ウィークデイ夜間なのでキックオフには間に合いませんが、あの有名な味方たちに負けないように思う存分応援したいと思います。浦和戦の次は名古屋線なのですが、ポッキリヴィッセルといった鹿島の対戦がノエビアアリーナであるので、どちらに行こうか迷ってある。名古屋空いてなら勝つだろうというバイタリティもあって、鹿島のスポーツマンを見たいなというバイタリティがいくぶん勝ってある。東京大井町で出会い系アプリを使うならサクラが居ないココがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です