その後もアクセントを

1990年齢ワールドカップ、イタリアフェスティバルでバルデラマを中心にはなやか決勝トーナメント伸長を果たしたコロンビア社長、その4年齢後のワールドカップでは、バルデラマを中心にアスプリージャ、リンコンらがMAX、最も南米予選のアルゼンチン戦では当時優勝代替の最右翼といった視線されたこういうクラブを手法ともせず、何と5対0の圧勝、スゴイ強さを見せ、一躍優勝代替に名乗り出る件となります。
コロンビア社長のワールドカップ初戦はハジ、ラドチョウ、ドミトレスクらを擁するこちらも欧州の強豪ルーマニアとの対戦、遊戯は互角かと思われましたがコロンビアは南米予選で見せた光をまるっきり解き放つ件無くルーマニア相手3対1というまさかのミス、トラブルはそれだけに続かず2戦視線の対米国戦、当時の米国は開催国々とはいえ先ほど注目されるクラブでは決してありませんでした。
ものの競合オープン早々オウンゴールをサービス、その後もアクセントを追加されます。
コロンビア社長も末日にアクセントを返し自尊心を見せますが手遅れ、優勝代替というコロンビアは心配の予選ミスが決定しました。でも予選フィナーレ戦となったスイス戦では自尊心を見せ2対0で勝利したのはせめてもの救いだったと思います。栃木市で出会い系アプリを使うならサクラが居ないココがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です